bad656996e8259132e7a9365d9d52bd1_s

水虫・爪水虫の原因である白癬菌の感染力は、決して強い訳ではありません。『触ったらすぐ発症』『空気感染』ってことはありません。

白癬菌が足に付着したとしても、24時間以内に足をキレイに洗えば感染する確率はかなり下がります。

24時間以内に足をキレイに洗えば感染しない

lgf01a201310100600

床に落ちている白癬菌だらけのアカが足に付いて、そのまま放置していると発症する可能性が高くなります。しかし、白癬菌が足に付いた瞬間に水虫になってしまうってことはありません。

白癬菌が足の角質層に入り込み水虫症状が出るといった流れなのですが、白癬菌はすぐに角質層に入り込むことはできません。

家族の水虫・爪水虫に注意!床に落ちた水虫菌は1年以上生きている!?』でもお話しましたが、皮膚についた白癬菌が菌糸を伸ばし角質層に中に入り込むのに、湿度100%の環境で24時間以上かかるのです。

普段の生活で24時間以上、常に湿度100%の状態でいたり、足を洗わなかったりという状況は少ないかと思います。

また、足に白癬菌が付着したとしても、大概は生活をしていく上で乾燥して落ちていったり、お風呂で洗い流されたりします。

つまり、毎日の入浴時に足をキレイに洗っていれば、水虫・爪水虫になる可能性はかなり低いのです。

キレイに足を洗った後には、タオルで拭き取って足を乾燥させましょう。白癬菌は湿度を好みますので乾燥させることにより、水虫が発症する確率はかなり下がります。

足を洗う際の注意点

c377e9f24b0b30c706ae9fae191c7107_s

先ほど『皮膚についた白癬菌が菌糸を伸ばし角質層に中に入り込むのに、湿度100%の環境で24時間以上かかる』とお伝えしました。

なので毎日足をキレイに洗っていれば、水虫・爪水虫になることはないともお伝えしました。しかし、毎日お風呂に入っているのに現実問題で水虫・爪水虫になっている人もいます。

足を洗う際の注意点として、アカスリや軽石などでゴシゴシ洗うってことはしないようにしてください。一見こういった洗い方の方が白癬菌が取れてキレイになるイメージがあります。

しかし、アカスリや軽石を使ってゴシゴシ洗い、足に傷がついてしうと短時間で白癬菌が角質層に入り込むのです。

24時間以上かかっていた白癬菌の角質層への侵入時間が、12時間以下になってしまったケースもあります。

足を洗う際には、アカスリや軽石でゴシゴシ洗わずに、泡立ちのよい石鹸を使い手で優しくキレイに洗いましょう。

水虫・爪水虫は、家族から感染するケースが非常に多いです。家族に水虫・爪水虫の人がいると家の中は白癬菌だらけになりますので、毎日足をキレイに保つことが大切です。

また、水虫・爪水虫の方は家族にうつしてしまう前に、治療に励み一日も早く完治させるように頑張りましょう。

◆おすすめの爪水虫専用の対策ジェル◆

【クリアネイルショット ‐ CLEAR NAIL SHOT ‐ 】

クリアネイルショット

爪水虫は水虫菌が爪の内部に浸食しているので、通常の水虫薬では有効成分が爪で止まってしまい幹部まで届きません。

【足専用】の市販薬と違い、クリアネイルショットは浸透力特化型のジェルで【爪専用】です。

爪の内部にいる水虫菌まで有効成分が素早く届くのが特徴で、使用者の81%が変化を感じています。

もし、効果を感じれなかった場合は【全額返金保証】があるので安心です。爪水虫の長い治療期間中に専門アドバイザーに相談し治療を進めれるので、リスクなく治療を進めれます。

button_101

button_102