f00b76350c18b8523dd76ab58c29ae0d_s

爪水虫には市販薬・塗り薬や飲み薬など色々とありますが、実際に薬の効果があるのかの判断はどのようにすればいいのでしょうか。

見た目で大きな変化があるのには数ヶ月かかりますので、今回は爪水虫の薬が効いているのかの判断方法についてお話したいと思います。

爪水虫の薬が効いているかどうかの判断方法

illust1295

爪水虫の原因は白癬菌というカビの一種であり、この白癬菌を死滅させることにより爪水虫を完治することができます。

白癬菌が爪の内部に潜んでいる状況が爪水虫で、爪はボロボロしてきたり、変色したり、厚ぼったくなったりとその症状は様々です。

爪水虫を薬で治療し続けていると、通常3ヶ月~4ヶ月ぐらいで効いているのかある程度判断できるようになります。

効いていれば爪の根本から透き通った健康な爪が生えてきて、症状が出ている爪は3~5mm上に移動しています。殆ど移動していない状況だった場合は、その薬は効いていないってことになります。

その場合は、薬を変えるなどしないと爪水虫を完治させることは難しいでしょう。

爪水虫は市販薬では治らない!?効果的な塗り薬は!?

爪水虫 薬

水虫と違い、爪水虫の場合は爪の内部に白癬菌が潜んでいる状態なので、市販薬・塗り薬を使っても爪が邪魔で有効成分が幹部まで届かないと言われていました。

こういった理由から、爪内部の白癬菌まで有効成分が届かないから、爪水虫は市販薬・塗り薬では治らないとされていました。

最近では、写真の口コミの様に浸透力に特化した爪水虫専用の塗り薬が販売されているので、こういった問題はかなりなくなり、塗り薬でも爪水虫を完治している人が増えました。

爪水虫は、水虫の末期症状なので放置していてもいいことがありませんし、家族にもうつしてしまいます。

爪水虫だときづいた時点で、白癬菌はかなり足を蝕んでいる状況なので、早期治療を心がけましょう。

◆おすすめの爪水虫専用の対策ジェル◆

【クリアネイルショット ‐ CLEAR NAIL SHOT ‐ 】

クリアネイルショット

爪水虫は水虫菌が爪の内部に浸食しているので、通常の水虫薬では有効成分が爪で止まってしまい幹部まで届きません。

【足専用】の市販薬と違い、クリアネイルショットは浸透力特化型のジェルで【爪専用】です。

爪の内部にいる水虫菌まで有効成分が素早く届くのが特徴で、使用者の81%が変化を感じています。

もし、効果を感じれなかった場合は【全額返金保証】があるので安心です。爪水虫の長い治療期間中に専門アドバイザーに相談し治療を進めれるので、リスクなく治療を進めれます。

button_101

button_102