0a997b62e25bef1eeb9f7ff89d5596a4_s

爪水虫の内服薬(飲み薬)には副作用があります。今回はどのような副作用があるのか!?ってことにフォーカスしてお話していきたいと思います。

爪水虫の内服薬(飲み薬)の副作用

6c81ea5def914c4ba4f85e785c70541b_s

爪水虫の内服薬(飲み薬)を処方してもらうには、必ず血液検査が必要になります。この検査で問題があった場合には処方されません。そのぐらい強い薬になります。

爪水虫の飲み薬の副作用は主に以下の症状が懸念されます。

  • 胃の不快感
  • 下痢
  • 悪心
  • 腹痛
  • 肝機能障害
  • 吐き気やめまい

また、妊娠中・授乳中の方には処方されません、妊娠を検討している方は避けた方がよいですね。また肝臓が弱い方にも処方されません。

飲み薬の副作用で【死亡例】がある!?

読売新聞2004.1.30『内服用の水虫薬投与の男性死亡』

水虫治療内服薬の副作用で死亡例、厚労省が注意喚起

水虫、たむしなどの内服薬「ラミシール錠」の副作用とみられる肝障害の死亡例があったとして、厚生労働省は29日、販売する日本チバガイギーに対し、医師らに肝機能検査を定期的に行うなどの患者の経過観察を徹底させるよう注意喚起した。

あまりネット上で騒がれていませんが、以前飲み薬の副作用で死亡例がありました。

こちらを読んでいただくと連想できますが、

医師らに肝機能検査を定期的に行うなどの患者の経過観察を徹底させるよう注意喚起した。

と書かれているので、この死亡例は、医師から処方された飲み薬により死亡した例の可能性も非常に高いってことです。

日本では爪水虫の治療は飲み薬が一般的とされていますが、欧米では塗り薬で治療するのが基本と言われています。中には塗り薬で人気があるものはニセモノまで販売されているぐらいです。

それぐらい塗り薬で治療することが一般的だと解釈できます。

では、なぜ日本では爪水虫を飲み薬で治療する傾向があるのでしょうか!?

過去に爪水虫の治療は飲み薬が推奨されていた理由

lgf01a201310100600

爪水虫の原因は白癬菌というカビの一種です。これは水虫やたむしとも同じですが、爪水虫の場合は爪の内部に白癬菌が潜んでいる状況です。

水虫やたむしであれば、塗り薬で有効成分が患部まで届きますが、爪水虫の場合は爪が邪魔になり有効成分が患部まで浸透しないってことが挙げられます。

こういった理由により、

「爪水虫は市販薬(塗り薬)では治らない」

「爪水虫は副作用があっても内服薬(飲み薬)でないと治らない」

と言われ続けていました。

今では爪水虫を塗り薬で治している人がたくさんいる!?

4fdd9caab9595b38c2789af54015dbc8_s

病院での診察結果、飲み薬が処方されるのが以前までは多かったイメージでしたが、最近(2016年)に爪水虫患者100名にアンケートの協力をしてもらった結果では、塗り薬が処方されるケースが増えていました。

こういったことから今では爪水虫は塗り薬で完治することが分かります。わざわざ飲み薬の副作用を懸念しなくていいのです。

いくつか、アンケート結果を抜粋して載せておきます。

【男性 34歳 転職活動中】『感染部分: 右の爪全体』

皮膚科の診療科を持つ医療機関を受診しました。

幸い、近所に皮膚科として有名な医師が開業している診療所があったので行きました。問診や診断から塗り薬が処方され、3か月程度で完治ました。

【女性 30歳 主婦】『感染部分:右足の親指』

乾燥している時期は割と良くなっていましたし、皮膚科で処方された塗り薬を塗れば、ジクジクしたような感じにはなりませんでした。

しかし、いやでも汗をかいたり蒸れたりする、この夏場はきついですね。

【女性 34歳 会社員】『感染部分: 左足の親指』

診察としては、爪をなにか硬いもので少し削り先生が顕微鏡で確認して、水虫か判断していました。

結果水虫でしたが、他の指や爪など確認しましたが、他の指等にはなっておらず大丈夫でした。

薬は、飲み薬(かなり強い?)と透明な液体状の付ける薬の2つでした。

たぶんどちらもかなり強い薬で、2週間ごとに診察してもらっていましたが、毎回血液検査もありました。

血液検査が毎回あったので注射嫌いな人はちょっとキツイかもですね。

この様に、最近では医者も塗り薬を処方しているケースが多くなってきています。

なぜ!?爪水虫の薬は塗り薬で完治するようになったのか!?

83cdfa7c10c0f40f48f1da1510c6da2d_s

爪水虫の場合、爪が邪魔になり塗り薬では有効成分が患部に届かないとお伝えしましたが、現在では浸透力に特化した爪水虫専用の塗り薬が開発されて販売されています。

ドラッグストアにある水虫薬は、爪水虫専用のこういった薬とは違うので爪水虫に効果は期待できませんが、爪水虫専用に作られた塗り薬では、効果を感じている人がたくさんいるのです。

今までは爪で止まってしまっていた有効成分が、爪を浸透することが出来るようになったので、爪内部にいる白癬菌を死滅させて、爪水虫を治してくれるってことです。

中でも人気の爪水虫の対策商品は、クリアネイルショットと言う浸透力特化型のジェルです。

◆おすすめの爪水虫専用の対策ジェル◆

【クリアネイルショット ‐ CLEAR NAIL SHOT ‐ 】

クリアネイルショット

爪水虫は水虫菌が爪の内部に浸食しているので、通常の水虫薬では有効成分が爪で止まってしまい幹部まで届きません。

【足専用】の市販薬と違い、クリアネイルショットは浸透力特化型のジェルで【爪専用】です。

爪の内部にいる水虫菌まで有効成分が素早く届くのが特徴で、使用者の81%が変化を感じています。

もし、効果を感じれなかった場合は【全額返金保証】があるので安心です。爪水虫の長い治療期間中に専門アドバイザーに相談し治療を進めれるので、リスクなく治療を進めれます。

button_101

button_102

爪水虫の治療は、内服薬の副作用による危険性・半年以上の通院生活など、心理障壁が高いことが多くありました。

しかし、クリアネイルショットなら、自宅で治療できるし、何より健康アドバイザーに電話で相談しながら治療を進めれるので安心です。

自信作だから言える、効果を感じなかった場合の【全額返金保証あり】ってこともリスク0で治療を始めれるので人気です。

爪水虫は自覚症状があまりないのですが、水虫の末期症状なので気づいた時にはかなり進行していると思っていただいた方がよいです。

また、治療も長い期間に渡りますので、浸透力に特化したスピーディーな治療を心がけることが重要です。